Gallery

雨の街

edda「雨の街
ひとりの「少女」と、「街」という存在がひとつの世界を作りだしていた。
だが自分たちが生み出した世界に、また自分たちも蝕まれていく…。


雨の街ねえ 声を聞かせて
街は言葉をなくして 姿 溶かしていくようだ
終わり知らず手を 宙へ伸ばした
こんな不安もあなたと 眠ろう

 

 

Pagetop_arrow